JavaScriptでの変数取得に関するメモ

ツクる上でのちょっとした小ネタや裏ワザなどを紹介してみましょう。
fftfantt
記事: 22
登録日時: 2015年11月26日(木) 00:57
連絡を取る:

JavaScriptでの変数取得に関するメモ

投稿記事by fftfantt » 2015年11月29日(日) 23:36

個人的にまとめていたものですが、情報共有のため張らせていただきます。
間違いなどの指摘や、追加などしていただけたら嬉しいです。

/============================================================
// デフォルトのJSONファイルからデータを取り出す
//============================================================
// プロジェクトファイルの下位フォルダ /data 内に保管されている
// JSONファイル内情報の取得方法。

// 対象JSONファイルと格納されている変数(オブジェクト)

// Actors.json :$dataActors
// Classes.json :$dataClasses
// Skills.json :$dataSkills
// Items.json :$dataItems
// Weapons.json :$dataWeapons
// Armors.json :$dataArmors
// Enemies.json :$dataEnemies
// Troops.json :$dataTroops
// States.json :$dataStates
// Animations.json :$dataAnimations
// Tilesets.json :$dataTilesets
// CommonEvents.json:$dataCommonEvents
// System.json :$dataSystem
// MapInfos.json :$dataMapInfos


// 取得したいアクターの番号(hogeNm)を指定して各情報を取り出す。

hogeNm = 1;
hoge1 = $dataActors[hogeNm].name; // アクター名
hoge2 = $dataActors[hogeNm].maxLevel; // 最高レベル


//=============================================================
// 個別マップID内の情報を取り出す。
//=============================================================
// 個別マップJSON(Map001.json や Map002.json)内の情報取得方法


// 実行中のマップ内の個別イベントIDの情報を取り出す。

hogeID = 1;
hoge1 = $dataMap.events[hogeID].name; // イベント名
hoge2 = $dataMap.events[hogeID].note; // イベントメモ


//=============================================================
// 実行中のゲームデータの情報を取り出す。
//=============================================================
// 実際に動いているゲーム内の情報を取得する


// ゲームプレイヤーの情報取得

hoge1 = $gamePlayer._direction; // 向き
hoge2 = $gamePlayer._realX; // マップX
hoge3 = $gamePlayer._realY; // マップY
hoge4 = $gamePlayer.screenX(); // 画面X
hoge5 = $gamePlayer.screenY(); // 画面Y


// 個別イベントの情報取得
// ※ 配列の0にID番号1を格納してるみたいなので注意

hogeID = 1;
hogeIndex = hogeID - 1;
hoge6 = $gameMap.events()[hogeIndex]._direction; // 向き
hoge7 = $gameMap.events()[hogeIndex]._realX; // マップX
hoge8 = $gameMap.events()[hogeIndex]._realY; // マップY
hoge9 = $gameMap.events()[hogeIndex].screenX(); // 画面X
hoge10 = $gameMap.events()[hogeIndex].screenY(); // 画面Y


// クリックしたマウス位置の情報取得
// ※ TouchInputを書き換えているプラグインがあると
// マウスの現在位置を取得してくるかも?

hoge13 = $gameMap.canvasToMapX(TouchInput._x); // マップX
hoge14 = $gameMap.canvasToMapX(TouchInput._x); // マップY
hoge11 = TouchInput._x; // 画面X
hoge12 = TouchInput._x; // 画面Y


// 変数とスイッチの値取得

hogeNm = 1;
hoge11 = $gameVariables.value(hogeNm);
hoge12 = $gameSwitches.value(hogeNm);

fftfantt
記事: 22
登録日時: 2015年11月26日(木) 00:57
連絡を取る:

Re: JavaScriptでの変数取得に関するメモ

投稿記事by fftfantt » 2016年4月12日(火) 02:23

最新のものこちらにまとめてあります。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/ ... edit#gid=0
ゆわか
記事: 133
登録日時: 2015年11月10日(火) 20:08
連絡を取る:

Re: JavaScriptでの変数取得に関するメモ

投稿記事by ゆわか » 2016年4月24日(日) 18:19

活用させて頂いています。
ありがとうございます。
fftfantt
記事: 22
登録日時: 2015年11月26日(木) 00:57
連絡を取る:

Re: JavaScriptでの変数取得に関するメモ

投稿記事by fftfantt » 2016年4月27日(水) 23:19

ありがとうございます!
使っていただけてるならうれしいです^^

“MV:小ネタ・TIPS・講座” へ戻る