会話表示中にLive2dでキャラクターを表示させるプラグイン

フォーラムルール
素材の利用規約を決めたいけど、どんなことを書けばいいのか分からない場合は、
素材のテンプレートをご利用下さい。
アバター
Slip
記事: 11
登録日時: 2016年7月06日(水) 22:05
連絡を取る:

会話表示中にLive2dでキャラクターを表示させるプラグイン

投稿記事by Slip » 2016年7月08日(金) 21:26

[概要]
会話表示中にLive2dでキャラクターを表示させるプラグインです。

↓参考動画
https://youtu.be/2ev4Ky559pQ

↓以下の記事を参考しています。
http://qiita.com/naotaro0123/items/28c23ae4eaf72ebe04c6
http://qiita.com/masakam1/items/34426bb0f5591f432a47

[準備]
1.以下のサイトからLive2DCubismSDK2(ver2.1.00_bata1_1)をダウンロードする
http://sites.cybernoids.jp/cubism-sdk2/webgl2-1

2.フォルダを解凍する
3.フォルダ内のlive2d.min.jsのファイル名をlive2d_min.jsに変更します。
4.以下からプラグインファイルをDLする
plugins_live2d.zip
(40.68 KiB) ダウンロード数: 20 回


[新規作成からのコード修正手順]
プロジェクトの新規作成から実施する場合は以下の手順となります。

1.プロジェクトを新規作成する
2.フォルダplaginsに以下のファイルを配置する

・ALT_StandingPictureMove.js
・Live2DInterfaceMV.js
・live2d_min.js
・Live2DFramework.js
・Live2DModelElement.js
・Live2DMatrix-common.js
・Live2DMatrix-mat4.js

3.プラグイン管理を以下の順番で配置する
・ALT_StandingPictureMove.js
・Live2DInterfaceMV.js
・live2d_min.js
・Live2DFramework.js
・Live2DModelElement.js
・Live2DMatrix-common.js
・Live2DMatrix-mat4.js

4.以下のコードを修正・追加する
rpg_managers.js、rpg_scenes.jsを以下のように修正します。

【ファイル:rpg_managers.js】

コード: 全て選択

//43行目あたりに以下のコードを追加
var $gameLive2d       = null;
DataManager.createGameObjects = function() {

//以下のコードを追加
     $gameLive2d = new Game_Live2d();
}


【ファイル:rpg_scenes.js】

コード: 全て選択

Scene_Map.prototype.update = function() {

    //以下のコードを追加
    this.updatelive2d();
};

Scene_Map.prototype.terminate = function() {

    //以下のコードを追加
    this.removelive2d();
};

Scene_Map.prototype.createDisplayObjects = function() {

    this.createMapNameWindow();   
    //以下のコードを追加
    this.createlive2d();
  …
}

5.Live2dデータを配置する(以下の手順に続く)

[Live2d関連ファイルの配置、設定手順]
1.(Live2dモデル名).model.jsonのexpression、motion部分を以下のように変更する
※以下の例はexpression_XX.exp.json、expression_XX.mtnはCubismで作成した分だけ設定しています。

コード: 全て選択

//参考例
"expressions":[
{"name":"expression_00","file":"expressions/expression_00.exp.json"},
{"name":"expression_01","file":"expressions/expression_01.exp.json"},
{"name":"expression_02","file":"expressions/expression_02.exp.json"},
{"name":"expression_03","file":"expressions/expression_03.exp.json"},
{"name":"expression_04","file":"expressions/expression_04.exp.json"}
],
"motions":
{
"expression":
[
{"file":"motions/expression_00.mtn" ,"fade_in":1000, "fade_out":1000},
{"file":"motions/expression_01.mtn" ,"fade_in":1000, "fade_out":1000},
{"file":"motions/expression_02.mtn" ,"fade_in":1000, "fade_out":1000},
{"file":"motions/expression_03.mtn" ,"fade_in":1000, "fade_out":1000}
]
},


2.以下フォルダにLive2dのデータを配置する
※expressionsは表情jsonファイル(最大8ファイルまで対応)

\img\pictures\(Live2dモデル名)
├─expressions
|  ├─expressions_00.exp.json
|  ├─expressions_01.exp.json
|  ├─…
|  └─expressions_07.exp.json

├─(Live2dモデル名).2048
|  └─texture_00.png

├─motions
|  ├─expressions_00.mtn
|  ├─expressions_01.mtn
|  ├─…
|  └─expressions_07.mtn

├─(Live2dモデル名).model.json
└─(Live2dモデル名).moc

3.ツクールMVを起動する
4.プラグイン管理にて、ALT_StandingPictureMoveの値を以下のように変更する

Stand_1_CharactorName:キャラ名
Stand_2_FileName:img/pictures/(Live2dモデル名)/(Live2dモデル名).model.json

5.イベントエディター上で以下のプラグインコマンドを設定する
※詳細はALT_StandingPictureMove.js内に記載しています。
 
[変更履歴]
2017/04/07 いくつかのバグに対応しました。

※過去の履歴は同梱されているファイルを参照してください。

[サンプルファイル]
コード、素材一式を挙げます。(live2d_min.js以外)
※各種素材の著作権は製作者様にあります。
http://firestorage.jp/download/10b5cf9f ... bc70db2fcb

↓プラグインのみ([準備]に表示したものと同じです。)
plugins_live2d.zip
(40.68 KiB) ダウンロード数: 20 回
最後に編集したユーザー Slip on 2017年4月07日(金) 23:04 [ 編集 15 回目 ]

アバター
sakata
記事: 9
登録日時: 2016年11月07日(月) 22:32
連絡を取る:

Re: 会話表示中にLive2dでキャラクターを表示させるプラグイン

投稿記事by sakata » 2017年3月24日(金) 04:57

サンプルにモーションがはいってるんですが、表情しか設定サンプルがないような?
見落としてたらすいません。
アバター
Slip
記事: 11
登録日時: 2016年7月06日(水) 22:05
連絡を取る:

Re: 会話表示中にLive2dでキャラクターを表示させるプラグイン

投稿記事by Slip » 2017年3月25日(土) 11:07

sakata さんが書きました:サンプルにモーションがはいってるんですが、表情しか設定サンプルがないような?
見落としてたらすいません。


コメントありがとうございます。
ご指摘の通りモーションファイルでは表情しか設定していません。
アバター
柘榴つくも
記事: 12
登録日時: 2017年2月09日(木) 12:08
連絡を取る:

Re: 会話表示中にLive2dでキャラクターを表示させるプラグイン

投稿記事by 柘榴つくも » 2017年3月26日(日) 14:04

初めまして、Live2Dを導入することを検証している者ですが、
サンプルに導入されていますメイユイさんを失礼して、プラグインコマンドで動作確認を試したのですが、
スライドインなどの動作も一切できませんでした。
現在稼働可能なのは表情変化と消去のみでしょうか?

あと、コマンド未対応とは記載されていますが、
サンプルに表示されるメイユイさんは2人表示されているように見えますけれど、
これは1人ずつ表示ではなく、1種類の立ち絵が2枚並列で表示される仕様になっているだけで
実際には2人を一枚ずつまでは出来ないという状態なのでしょうか?
試しに、私の立ち絵もピクチャ番号2番に設定して表示させてみようと思ったのですが、
ピクチャ2番は表示されることはありませんでした…
なにか私の命令コマンドが間違っているのかなんなのか…;
アバター
Slip
記事: 11
登録日時: 2016年7月06日(水) 22:05
連絡を取る:

Re: 会話表示中にLive2dでキャラクターを表示させるプラグイン

投稿記事by Slip » 2017年3月26日(日) 15:53

動作確認ありがとうございます。

コマンド対応しているのは、表情変更、表示/非表示切り替え、左右表示変更のみです。
複数モデル表示に対応したと記載していますが、コマンドの方でピクチャ指定できるようになっていません。

複数モデルに関してはアナウンスが不親切でしたね・・・

ピクチャ指定も含め、コマンド対応は随時行う予定です。よろしくお願いします。

柘榴つくも さんが書きました:初めまして、Live2Dを導入することを検証している者ですが、
サンプルに導入されていますメイユイさんを失礼して、プラグインコマンドで動作確認を試したのですが、
スライドインなどの動作も一切できませんでした。
現在稼働可能なのは表情変化と消去のみでしょうか?

あと、コマンド未対応とは記載されていますが、
サンプルに表示されるメイユイさんは2人表示されているように見えますけれど、
これは1人ずつ表示ではなく、1種類の立ち絵が2枚並列で表示される仕様になっているだけで
実際には2人を一枚ずつまでは出来ないという状態なのでしょうか?
試しに、私の立ち絵もピクチャ番号2番に設定して表示させてみようと思ったのですが、
ピクチャ2番は表示されることはありませんでした…
なにか私の命令コマンドが間違っているのかなんなのか…;
アバター
Slip
記事: 11
登録日時: 2016年7月06日(水) 22:05
連絡を取る:

Re: 会話表示中にLive2dでキャラクターを表示させるプラグイン

投稿記事by Slip » 2017年3月27日(月) 00:10

プラグインコマンドにて、ピクチャ番号2番目以降にファイル名、番号、名前を指定することで、複数のモデルを表示できるようにしました。
アバター
てらじょ
記事: 5
登録日時: 2017年3月27日(月) 05:37
連絡を取る:

Re: 会話表示中にLive2dでキャラクターを表示させるプラグイン

投稿記事by てらじょ » 2017年3月27日(月) 06:11

初めまして、前者様同様ツクールMVにて
Live2D導入を検討している者です。
プラグインの制作配布、また詳しい導入方法もくわえて
大変助かっております。有難う御座います。

実は前日からこちらのプラグインを試していて
なかなかうまくいかず再度確認に来ました所
プラグインの方更新されており、先程試して参りました。

うまく行かなかった所が改善され
私の方では現状正常に作動しており
問題は無いように思えます。

ここで質問なのですが
ALT_StandingPictureMoveにて
元々のスライド機能は
Live2Dモデルにも対応するご予定はありますでしょうか?
また、表情モーションの確認は取れたのですが
キャラ自体が動くモーションも立ち絵として導入可能でしょうか?

こちらの動画の【https://www.youtube.com/watch?v=bFvFGvpXv4A】
このように表示させたいと考えているのですが…。

初心者であまり細かい事が分からず
ただプラグインを試してみて、疑問に思った点を述べさせて頂きました。

長々と申し訳御座いません。お時間ある時にでも
お返事頂ければ幸いです。
アバター
Slip
記事: 11
登録日時: 2016年7月06日(水) 22:05
連絡を取る:

Re: 会話表示中にLive2dでキャラクターを表示させるプラグイン

投稿記事by Slip » 2017年3月27日(月) 22:17

プラグイン使っていただきありがとうございます。
動作の方も今の所問題ないとのことで、良かったです。
ご報告ありがとうございます。

①スライド機能について
なるべくALT_StandingPictureMoveの使い方と同じように機能を使えるようにしようと思っています。
スライド機能も対応しようと考えています。

②動くモーションについて
動画のverの時と原理は同じコードを使用しています。現在のverで未検証ですが、頭や身体の動くモーションも動作すると思います。
また、仕様として表情とモーションは対になっています。
表情とモーションは別に設定できた方が良さそうですね。検討します。

複数モデルを表示するにあたり、3ヶ月くらい試行錯誤していました。コメントいただけると非常に嬉しいですね。
アバター
てらじょ
記事: 5
登録日時: 2017年3月27日(月) 05:37
連絡を取る:

Re: 会話表示中にLive2dでキャラクターを表示させるプラグイン

投稿記事by てらじょ » 2017年3月28日(火) 01:37

迅速なお返答有難うございます!
また、質問にもお答えしてくださり
大変に感謝です。

①スライド機能についてへの返信
私の様に、初心者だけどLive2Dを使ってみたいと言う方は
多いと思うので、このプラグインは大変参考になります。
対応されなくとも素晴らしいプラグインだと思うのですが
対応予定との事で、楽しみにしております!

②動くモーションについてへの返信
可能、とのお返事を頂きましたが
Live2D公式サンプルデータ(ハル/チトセ)を使い検証してみたのですが
新バージョン旧バージョン共に
メイユイちゃん以外のモデルですと
モデルは表示されるのですが表情も変わらず
静止画の様に立っているだけでした。
Slip様の手順通りにフォルダ配置もしたのですが
他に自分でせねばならない様な箇所等御座いますでしょうか?
それと、もし差支えなければ、
動くモーションモデルを使ったサンプルプロジェクトがありましたら
参考にさせて頂きたく思いますので配布等出来ませんでしょうか?
度々ご迷惑になる様な事ばかり、申し訳御座いません…。
是非検討して頂ければと思います。


最後に、気になる箇所が見つかりましたので記載させて戴きます。
モデル表示についてなのですが
右、左への配置は正常に動作致しましたが
中央コマンドは私の方では動作せず
中央と記載してもしなくても、左に配置されてしまう状態です。
元々使えない様になっているのかもしれませんが
一応お知らせしておきますね。

今回も長々と申し訳ありません。
応援しておりますので、今後とも宜しくお願い致します!
アバター
Slip
記事: 11
登録日時: 2016年7月06日(水) 22:05
連絡を取る:

Re: 会話表示中にLive2dでキャラクターを表示させるプラグイン

投稿記事by Slip » 2017年3月28日(火) 21:57

②動くモーションについて
ですが、私の方で確認したところ、動作できました。
ちなみにLive2D社で配布されているサンプルはそのまま使えないのでご了承ください( ^ω^)・・・
ファイル配置はあっていると思うのですが、おそらくファイル名が以下のようになっていないと
思われます。(申し訳ないですが、こういう仕組みになっています)

表情:
expression_00.exp.json~expression_07.exp.json

モーション:
expression_00.mtn~expression_07.mtn

[参考]
https://youtu.be/559njju8LDw

また、中央でのコマンド反映できないことの指摘ありがとうございます。
プラグインに修正しますね。

“MV:プラグイン素材” へ戻る