検索結果 38 件

by ベルファーレ長田(゜∀゜)
2018年5月17日(木) 05:17
フォーラム: MV:プラグイン素材のリクエスト
トピック: 画面の色調変更を記憶するプラグイン
返信数: 8
閲覧数: 2794

Re: 画面の色調変更を記憶するプラグイン

どうも。 作成が遅れましたが、現在の画面の色調を記憶し、 プラグインコマンドで復元するプラグインを作成いたしました。 にゃたま殿、奏ねこま殿の御提案によりスクリプトで解決する方法を検討されているようですが、 気が向いたら使ってください。 このプラグイン自体は画面色調以外に応用すると汎用性が上がりそうなので、今後もメンテしていきます。 http://lucky-duet.com/tm/images/license/Credit01.png http://lucky-duet.com/tm/images/license/Profit01.png http://lucky-duet.com/tm/i...
by ベルファーレ長田(゜∀゜)
2018年5月02日(水) 06:05
フォーラム: MV:質問
トピック: 【解決済】プレイヤーとイベントの距離判定条件分岐スクリプト
返信数: 4
閲覧数: 1449

Re: プレイヤーとイベントの距離判定条件分岐スクリプト

どうも。 確かに動きませんね、なんでだろ…? 一応、こうすれば動きました。 var interpreter = this; isInRange = function( chara1Id, chara2Id, range ) { var chara1X = interpreter.character( chara1Id ).x; var chara1Y = interpreter.character( chara1Id ).y; var chara2X = interpreter.character( chara2Id ).x; var chara2Y = interpreter.charact...
by ベルファーレ長田(゜∀゜)
2018年5月02日(水) 05:39
フォーラム: MV:質問
トピック: ゲーム制作にあたってご意見頂きたい
返信数: 6
閲覧数: 1704

Re: ゲーム制作にあたってご意見頂きたい

どうも。 失礼しました、コードの説明してるのに画像だけ示すのは意地悪なんてもんじゃないですね…。 下記からどうぞ。 コメントは邪魔なら外してください。 パーティ内に指定したアクターIDのキャラクターが存在することを確認するスクリプト // ▼変数1番から、メンバーに存在するアクターID一覧配列取得 var containedIds = $gameVariables.value( 1 ); // ▼配列に格納されたアクターIDの数だけループ containedIds.forEach( function( targetId ) { // ▼アクターIDからアクター情報を取得 var target ...
by ベルファーレ長田(゜∀゜)
2018年5月01日(火) 19:13
フォーラム: MV:プラグイン素材のリクエスト
トピック: 画面の色調変更を記憶するプラグイン
返信数: 8
閲覧数: 2794

Re: 画面の色調変更を記憶するプラグイン

どうも。
画面色調の保存や復元自体は簡単そうなのでプラグインをツクってみようかなと思ったんですが…。

> イベントコマンド2にある”画面の色調変更”を記憶し、実行する事でその色調に戻す、

これの意味がよく分かりません。
変更前の色調を記憶するのか、変更後の色調を記憶するのか、
画面の色調を実行した時に記憶した色調に戻すのか、プラグインコマンドを実行した時に記憶した色調に戻すのか、
読み取ることができませんでした。

というわけでゲーム中でどのようなことをしたいのか、
書ける限りで具体的に書いていただけると助かります!
by ベルファーレ長田(゜∀゜)
2018年5月01日(火) 18:43
フォーラム: MV:質問
トピック: 【解決済】プレイヤーとイベントの距離判定条件分岐スクリプト
返信数: 4
閲覧数: 1449

Re: プレイヤーとイベントの距離判定条件分岐スクリプト

どうも。 凄く簡単にではありますが、 指定したキャラクターが指定したキャラクターの範囲内にいるかどうかを チェックするスクリプトを作成いたしました。 script.png isInRange = function( chara1Id, chara2Id, range ) { var chara1X = $gameMap._interpreter.character( chara1Id ).x; var chara1Y = $gameMap._interpreter.character( chara1Id ).y; var chara2X = $gameMap._interpreter.char...
by ベルファーレ長田(゜∀゜)
2018年5月01日(火) 18:05
フォーラム: MV:質問
トピック: ガチャ改造プラグインを、スクリプトから実行
返信数: 3
閲覧数: 1398

Re: ガチャ改造プラグインを、スクリプトから実行

どうも。

> showResultの中は、このように書けばよかったでしょうか?

記述されている内容をコピペしてShowResultメソッドを上書きしてみましたが、
問題なく新規アイテムゲット時にスイッチ20番がONになりました。
なので記述内容は問題ないと思います。

念のため下記をご確認ください。
・本当に新規アイテムをゲットした時にテストできているか
・F9キーでスイッチ/変数一覧を表示し、スイッチ20番がどうなっているか
by ベルファーレ長田(゜∀゜)
2018年5月01日(火) 17:52
フォーラム: MV:質問
トピック: ゲーム制作にあたってご意見頂きたい
返信数: 6
閲覧数: 1704

Re: ゲーム制作にあたってご意見頂きたい

どうも。 参考になったようで何よりです。 > 一度発生したイベントを二度と起こらなくさせる方法:図① >イベント後、特定のイベントの発生確率をUPさせる方法:図② 概ね問題ないと思いますが、代入で確率を変更していると下記のようなケースが発生する可能性があります。 前提1:イベントAは終了済で、二度と発生しない。 前提2:イベントBを未実施で、イベントBを実行すると、イベントAの発生確率が50%になる。 ・このような前提でイベントBが実行されると、イベントAが再度発生する可能性がある! イベントB実行時、イベントAが終了済かチェックするのも一手ですが、面倒になる気がします。 そこで、下記のような...
by ベルファーレ長田(゜∀゜)
2018年4月30日(月) 07:02
フォーラム: MV:質問
トピック: ゲーム制作にあたってご意見頂きたい
返信数: 6
閲覧数: 1704

Re: ゲーム制作にあたってご意見頂きたい

どうも。 > ランダム定期イベントの実装 下記のようにランダムイベント毎に、イベント発生率を変数で管理すれば良いと思います。 そうすることで条件に応じてイベント毎に発生率を増減することができます。 まぁランダムイベントがたくさんあると流石に大変ですが…。 random.png >たくさんのキャラで分岐条件アクター:パーティにいるでするとごちゃごちゃして見づらいので変数か何かで手軽に管理できないでしょうか? こちら時間がなくてサンプルを用意できませんでしたが、 ビット演算のような考え方で実装するといいと思います。 現在メンバーにいるアクターごとに、アクターID番のビットをたてて、 どのビットが立...
by ベルファーレ長田(゜∀゜)
2018年4月30日(月) 06:40
フォーラム: MV:質問
トピック: ガチャ改造プラグインを、スクリプトから実行
返信数: 3
閲覧数: 1398

Re: ガチャ改造プラグインを、スクリプトから実行

どうも。 > このスクリプトの『全額でガチャを引く機能』を、 > イベントのスクリプトから実行したいです。 Gacha.jsで実装されている内容をイベントコマンドのスクリプトから実行することは難しいです。 550行目に記述されている下記メソッドの引数をInfinityに設定して実行すれば、 全額ガチャで実行することができます。 Scene_Gacha.prototype.commandGacha = function(remainCount) { … } しかし現状のGacha.jsの記述内容では、 イベントコマンドのスクリプトからはScene_Gachaを参照することができません。 プラグイ...
by ベルファーレ長田(゜∀゜)
2018年4月29日(日) 20:55
フォーラム: MV:質問
トピック: 【解決済み】並列処理を利用した擬似タイマーについて
返信数: 11
閲覧数: 2811

Re: 並列処理を利用した擬似タイマーについて

どうも。 両イベントに記述している内容に問題はないと思われます。 実際に「変数A=60の時に音楽を鳴らす」処理を組んで動作確認してみましたが、 問題なく音楽が鳴ることを確認しました。 > また『変数A≧60』『変数A≦60』も同様にして試してみたところ、 > 『変数A≧60』の方は認識されず『変数A≦60』は何故か認識しました。(無論、曲開始から0フレーム後に流れます) このことからコモンイベントの方が起動していないような気がします。 スイッチ0057:「!!Start」がONになっているかをご確認ください。 コモンイベント側に効果音でも鳴らすイベントでも追加すれば、動いてるかどうかはすぐ確認...

詳細検索ページへ移動する